世界遺産「白川郷・五箇山合掌造り集落」は1995年(平成7)12月、ユネスコの世界遺産一覧表に文化遺産として
登録された。岐阜県大野郡白川村萩町合掌造り集落・富山県南砺市平村相倉合掌造り集落・上平村菅沼合掌造り集落の3
つの集落で構成されている。
岐阜県北西部、白山に源を持つ庄川の上流にある白川郷は近年まで「陸の孤島」ともいわれた辺境ですが、合掌造り建築
の評価から知られるようになり、1995年ユネスコの世界文化遺産として登録された。白川郷・萩町合掌造り家屋59
棟のほか、寺院本堂、庫裏、ハサ小屋、板倉などの伝統的な建物や神社の社叢、水路などが保存すべきものとして特定さ
れている。

合掌づくりとは茅葺きの屋根が掌(てのひら)を合わせたような急勾配の山形をした建築をいう。白川郷では屋根の両端
が本を開いて立てたような形の『切妻合掌づくり』と呼ばれる様式で、当地の重く多い積雪に耐え風土に適した構造。建
築材の接合には木製のくさびや、ねそ(マンサク)などが用いられ、金属の釘やかすがいは使われていない。ねそで締め
た屋根の骨格は風雪に強く、年月とともに強度を増すという、風土に生きた先人の知恵が込められています。


秋の萩町合掌造り集落(天守閣展望台から)

萩町合掌造り集落(天守閣展望台から)

集落内散策・写真右上に展望台が微かに見える

萩町集落内を流れる一級河川庄川
天守閣展望台(写真撮影スポット) 伝 櫓跡 集落より展望公園・手前和田家
集落内のかまくらの上から撮影OK 写真撮影スポット 合掌造り文化喫茶
萩町合掌造り集落撮影スポット 萩町合掌造り集落撮影スポット(2010年秋)
萩町合掌造り集落撮影スポット 萩町合掌造り集落撮影スポット

国指定重要文化財家屋・和田家

集落散策の観光客 和田家入口案内板 和田家便所

国指定重要文化財家屋(和田家住宅・便所)

国指定重要文化財家屋(和田家住宅・便所)
白川郷観光案内所 であい橋 合掌造り家屋(民宿)
神田家(合掌造り家屋) 明善寺(岐阜県指定重要文化財)
明善寺 明善寺鐘楼門(県指定重要文化財) 合掌の宿よきち

長瀬家の合掌造り
白川郷最大級の五階建て合掌づくり家屋。長瀬家五代目当主民之助が建造し、明治23年完成。約11メートルの一本柱
(合掌柱)が、屋根の勾配の上から下までを貫き、大きな屋根をつくる。柱材には樹齢150年以上の天然檜を用い、そ
のほか樹齢300を越える桂、栃、欅等が随所に使われている。3年がかりの大工事で、総工費は当時の金額で八百円、
その他米百俵、酒十一石八一斗を費やしたと伝えられている。
「構造」総床面積・約六百坪。1階は、主な生活の場。2階は使用人の寝所等。3、4階は、養蚕の作業場。5階は、薬
草の干し場。


白川郷最大級の合掌造り家屋・長瀬家

白川郷最大級の合掌造り家屋・長瀬家
長瀬家屋根裏 白川郷最大級の合掌造り家屋・長瀬家説明表示板

                      
メインページヘ

 

資料
合掌造りについては地元発行の観光パンフレット、HP等。
撮影日2010年10月8日・2009年10月12日。